大人の歯が入らないとどうなりますか?

Nous aimons tous une visite de la fée des dents, mais n’est-ce pas un peu bizarre que nous naissions essentiellement sans dents, qu’un ensemble de dents grandisse quand nous sommes bébés, et que nous les perdons pour faire place à nos dents adultes comparativement géantes ? La grande majorité des mammifères ont deux paires de dents au cours de leur vie. Nos jeunes naissent édentés parce que les mammifères produisent du lait pour leurs petits, et les mères ne veulent certainement pas être des bébés allaités avec des rangées de dents pointues. Perdre nos dents de lait — ; aussi appelées dents de lait parce qu’elles tombent de notre tête comme les feuilles d’automne — ; nous permet de changer notre alimentation à mesure que nous vieillissons, et tire le meilleur parti de la capacité de broyage alimentaire de nos mâchoires en croissance.

では、私たちが赤ちゃんのときに主歯を持っていても、大人の歯が効かない場合はどうなるでしょうか。私たちは赤ちゃんの歯を永遠に保ちますか?

誰かが主歯を失わないようにする可能性のあるいくつかの異なる条件があり、永久歯がトレーナーがそれらを入れるのを待っているかどうかに応じて、歯科医はそれらのそれぞれを治療する独自の方法を持っています「彼らはゲームに参加しません。

赤ちゃんの歯が巣を離れるとき

赤ちゃんの歯は約10年、プラスマイナス2年しか仕事をしないことになっているため、赤ちゃんの歯がどれくらい続くかを予測することは困難です。とはいえ、永久歯がその代わりにならない場合、一次歯はその寿命よりもはるかに長く続く可能性があります、またはそれは警告なしに単に完全に失敗する可能性があります。主歯が有効期限を過ぎても機能している場合、歯科医はそれが健康であることを確認するためにそれを監視する可能性がありますが、最終的には取り外して交換する必要があります。

永久歯が通常よりも発達するのに少し時間がかかっているか、翼に座っているが、それらがちょうど出現しているだけである場合、歯科医は通常、何が起こるかを見たいと思うでしょう。異所性の歯の場合、永久的な歯は正常に成長しますが、噴火しません。これらの場合、すでに噴火している永久歯に対する歯の位置と角度は、歯科医または矯正歯科医が何をすべきかを決定するのに役立ちます。多くの場合、難治性の歯を正しい位置に矯正的に引きずり込もうとします。

しかし、完全に形成された永久歯が出現するのが少し遅いのは、間違いなく理想的なシナリオです。抽出する成人の歯がない患者を治療することははるかに困難です。

永続的な問題

L’agénésie dentaire est une condition congénitale dans laquelle la bouche d’un patient n’obtenait pas de directives pour fabriquer certaines de ses dents permanentes à sa naissance. Cela peut aller de l’hypodontie, où il manque cinq dents ou moins, à l’oligodontie, où six dents permanentes ou plus sont absentes en action ; ceci est rare, mais, souvent associé à des syndromes génétiques comme le syndrome de Down, le syndrome de Van Der Woude, le syndrome de Reiger et la dysplasie ectodermique. L’anodontie est un trouble génétique récessif rare dans lequel quelqu’un n’a pas de dents permanentes et est souvent associé à des affections comme la dysplasie ectodermique.

「先天的に歯が欠けていることは比較的まれです」「一次歯では、最大2 %の子供が歯を失いますが、永久歯では、さまざまな研究でのギャップは0.15〜16%です。最も一般的な欠落している永久歯は側方切開器と前臼歯であり、欠落している赤ちゃんの歯にも永久的な後継者がいないことは非常に一般的です。
.

現代の歯科の奇跡

それで、あなたがあなたの永久的な歯のいくつかを持っていないとしましょう。あなたの歯科医はそれについて何ができますか?

それの多くは何が悪いかによって異なりますが、おそらく費用と時間がかかることになるでしょう。歯が1つ欠けている場合、歯科医は歯科用インプラントからある種の固定ブリッジまでのソリューションを提供できます。先天性切開器がない子供によく使用される治療法は、歯列矯正を使用して、将来のインプラントまたはブリッジのためにスペースを開くか、スペースをカモフラージュするために別の永久歯をスペースに打ち込むことです。

複数の歯が欠けている場合(場所によって異なります)、患者はインプラント、固定ブリッジ、または取り外し可能な部分的な義歯になってしまう可能性があります。しかし、歯が完全に失われた場合、治療は、失われた歯の周りの骨の発達の程度に応じて、取り外し可能なまたは固定されたプロテーゼで構成されます。

時々、歯科医は骨が発達していない領域を埋めるために骨移植を行います。しかし、歯科医は顎骨であらゆる種類の修正、バイパス、ねじ込み駆動を行うことができますが、歯科無形成の治療は継続的に継続する必要があります。乏突起または無歯の幼児の場合、これは生涯にわたる負担であり、移植を受けるのに十分な身体的発達まで、複数の部分的または完全な義歯を必要とします。

リリースされたばかり:特別購入ガイドをご覧ください ミニオーブン それを買う前に。