ビーチで太陽から効果的に身を守る:採用する正しい行動

太陽が輝いているとき、ビーチでの日々は誰にとってもお気に入りです。しかし、日光への露出はあなたの健康と日焼けに良いものですが、いくつかの有害な影響があります。日焼け、皮膚の病気や癌、目の損傷はすべて現れ、あなたの休暇を悪夢にする可能性があります。このような状況を回避するために必要なのは、いくつかの反射を採用することだけです。彼らは何ですか ?この記事の詳細。

お肌を効果的に保護

ビーチでは、最初に行う必要があるのは、肌に十分な日焼け止めを塗ることです。日光と露出条件に適合した保護係数を選択することにより、朝にそれを行います。アプリケーションは、少なくとも2時間ごとに、および水に浸すたびに更新する必要があります。クリームの効果を最適化するために身を隠すことも不可欠です。確かに、 帽子をかぶると、日焼け止めの保護係数が最大10倍になります。。ただし、それでものんびりと日焼けしたい場合は、ペーストを日焼けしないでください。彼らはあなたの日焼けを最適化しますが、それらは太陽の有害な影響を増加させます。さらに、それらはあなたの健康にとって非常に危険なUVBおよびUVA光線の透過を促進します。

サングラスをかける

On n’y pense pas forcément, mais le soleil peut également être néfaste pour les yeux. Au même titre que la peau, vos globes oculaires disposent de filtres naturels contre les rayons UV. Mais au-dessus d’un certain seuil, leur défense ne sera plus suffisante. Pour vos yeux, la protection la plus efficace est évidemment les lunettes de soleil. Il faut cependant qu’elles soient totalement fiables, ce qui signifie qu’elles devraient disposer du marquage CE sur l’emballage. Vous devrez aussi vous assurer que les verres protègent bien à 100 % contre les rayons ultraviolets. La mention anti-UV devrait donc figurer sur le carton des lunettes que vous achèterez. Dans le cas contraire, vous risquerez de contracter des problèmes inflammatoires, une cataracte ou une brûlure au niveau de vos yeux.

太陽にさらされる適切な時期を選択してください

一般的に、日光に当たるのに最適な時間は、正午前または午後4時からです。目標は、太陽光線が最も強い時間を避けることです。実際、あまりにも多くの熱にさらされると、さまざまな問題が発生する可能性があることに注意してください。たとえば、 脱水の可能性、ヒートストロークまたは悪化する病気。

子供を守ることにもっと注意を払う

赤ちゃんや子供の肌や目は大人よりも敏感であることに注意してください。したがって、3歳未満の幼児を直接太陽にさらさないでください。一方、古いものはより耐性がありますが、それでも午後12時から午後4時の間に太陽にさらされることは避けます。日焼け止め、帽子、帽子だけでなく、放射線から肌をしっかりと保護する服も忘れないでください。