健康的な睡眠習慣を確立する:24〜36か月

Entre leur deuxième et leur troisième anniversaire, les tout-petits ont besoin d’environ 11 à 12 heures de sommeil par nuit et d’une sieste d’une heure et demie à deux heures chaque après-midi. La plupart des enfants de cet âge se couchent entre 19 h et 21 h et se lèvent entre 6 h 30 et 8 h. Il peut sembler que les habitudes de sommeil de votre enfant ressemblent finalement aux vôtres, mais il passera plus de temps que vous dans le sommeil paradoxal et les phases plus profondes du sommeil non-REM. Le résultat ? Parce qu’il fera plus de transitions d’une phase de sommeil à l’autre, il se réveillera plus souvent que vous. C’est pourquoi il est si important qu’il apprenne à se calmer et à se rendormir.

健康的な睡眠パターンを確立する方法

あなたの子供が年をとっている今、あなたが彼らがぐっすり眠るのを助けるためにあなたが試みることができるいくつかの新しいテクニックがあります:

彼を大きなベッドに置き、そこにいるときは彼を称賛します。

C’est l’âge auquel votre tout-petit est susceptible de faire la transition du berceau au lit, probablement parce qu’il aura dépassé l’âge où il a grandi. L’arrivée d’un nouveau frère ou d’une nouvelle sœur peut également accélérer la décision. Si vous êtes enceinte, déplacez votre tout-petit au moins deux ou trois mois avant la date prévue,conseillent les spécialistes du sommeil. Vous voulez que votre enfant aîné soit bien installé dans son nouveau lit avant qu’il ne voie le bébé prendre sa place dans son lit. Mais si l’interrupteur ne fonctionne pas bien, il est possible de le remettre à 3 ou 4 mois. Votre nouveau-né passera peut-être ces mois à dormir dans un berceau de toute façon, et votre enfant plus âgé aura le temps de s’habituer à avoir un frère ou une sœur, ce qui facilitera la transition du berceau au lit. Parmi les autres raisons d’envisager de déménager, mentionnons les sauts fréquents hors du lit d’enfant et l’apprentissage de la propreté. Votre enfant peut avoir besoin de se lever la nuit pour aller aux toilettes.

彼が新しいベッドを使用したら、彼がそこで夜を過ごすとき、そして就寝時にあなたの子供を賞賛することを忘れないでください。ベビーベッドをロックした後、子供はできるという理由だけで何度もベビーベッドから出ることがあります。あなたの幼児が立ち上がったら、あなたの反応を和らげてください。彼をベッドに戻し、眠りにつく時間だとしっかりと伝えて、行ってください。

あなたの幼児は、物語、歌、水を飲むために転がることによって就寝時間を遅らせようとし始めるかもしれません。あなたの子供の通常の(そして合理的な)要求のすべてを予測し、それらをあなたの就寝時のルーチンの一部にするようにしてください。次に、子供に追加のリクエストを送信しますが、1つが制限であることを明確にします。彼は彼が望むものを手に入れていると思うでしょう、しかしあなたはあなたが彼と推論していることを知っているでしょう。

彼に余分なおやすみのキスを与えるか、彼を押し込みます。

あなたが初めてそれを押し込んだ後、あなたの子供に余分なおやすみのキスを約束することは大丈夫です。数分後に彼に会いに戻ると彼に伝えてください。あなたが戻ったとき、彼はすぐに眠るでしょう。

潜在的な落とし穴

クイーンサイズのベッドで卒業した後、幼児がより頻繁に起き始める場合は、幼児をベッドに戻し、おやすみなさいと言います。それ以外は、どのように対処するかは個人の判断です。専門家の意見はさまざまです。彼を甘やかしたり、寝かせたりしないでくださいと言う人もいます。子供が一人で眠りにつく限り、行って落ち着かせてもいいと言う人もいれば、すぐに子供に会いに行き、問題の原因を見つけて慰めることを勧める人もいます。 。

この年齢でのもう1つの一般的な睡眠の問題は、就寝時の抵抗です。お子様が就寝する前にリクエストを予測して管理することで、問題を緩和または回避します。毎晩喜んで寝る幼児はほとんどいないので、いくつかの困難に備えてください。

あなたはおそらくあなたの子供が最近新しい夜の心配をしていることに気付くでしょう。暗闇への恐怖、ベッドの下の怪物、またはあなたからの分離は幼児の間で一般的ですので、あまり心配しないでください。恐怖はあなたの子供の正常な発達の一部です。彼が悪夢を抱き始めたら、すぐに彼に会いに行き、あなたが彼を落ち着かせている間、彼の悪い夢について彼に話してください。悪夢が続く場合は、彼女の日常生活の中で不安の原因を探してください。ほとんどの専門家は、あなたの子供が本当におびえているなら、時々あなたのベッドに彼らを置いていっても大丈夫であることに同意します。
ちょうど出て:この素晴らしい特別ガイドを閲覧する コンクリートサンダー 購入する前に!