赤ちゃんに胎児ドップラーを使用しても安全ですか?

L’une des principales causes d’anxiété chez les mères n’est pas de sentir le bébé donner des coups de pied aussi souvent qu’elles en ont l’habitude. Il y a quelques années, la seule façon de soulager cette anxiété était de faire vérifier la fréquence cardiaque fœtale chez un spécialiste. Mais grâce à la technologie, les mères peuvent maintenant vérifier la fréquence cardiaque de leur bébé à la maison et aussi souvent qu’elles le souhaitent. Entendre les battements du cœur de votre bébé à naître vous rassure sur le fait que tout va bien et vous donne la paix. Il existe plusieurs types différents de moniteurs cardiaques foetaux sur le marché aujourd’hui, mais les dopplers foetaux sont-ils sûrs pour le bébé ?  Cet article traitera des avantages et des inconvénients des dopplers afin de vous aider à prendre une décision éclairée.

妊娠中の胎児モニタリングについて知っておくべきこと

胎児ドップラーはどのように機能しますか?

家庭用に最適な胎児心臓血圧モニターを購入することを決定する前に、それがどのように機能するかを最初に理解することが重要です。
胎児ドップラーは、妊婦が自宅の快適さから赤ちゃんの心拍数を聞くために使用できるハンドヘルドデバイスです。
これらのポータブルドップラーは、1842年にクリスチャンドップラーによって開発されたドップラー効果に基づいて機能します。これらは、赤ちゃんを通過して子宮に入る高周波超音波の短いパルスを送信します。子宮内では、波が赤ちゃんの心拍に出会い、その後、波は反射してドップラーに戻り、そこで心拍が音に変換されます。次に、この音はデバイスによって増幅され、ハートビートが聞こえ始めます。
科学的には、超音波が反射してデバイスに戻ると、ドップラー効果の概念を使用して周波数と波長のシフトが計算され、信号がハートビートに変換されます。心拍を聞くために、胎児心拍数モニターには、音を聞くために接続するヘッドフォンが付属しています。
胎児の心拍ドップラーは、低放射超音波技術を採用しているため、FDAによって家庭での使用が承認されています。これは、彼らが赤ちゃんにとって安全であることを意味します。このため、妊娠初期にはFDA承認の胎児ドップラーを購入することが重要です。
しかし、医師は、妊婦は医師の承認なしに出生前心拍モニターを使用すべきではないと主張しています。また、医療相談の代わりとして使用しないでください。

胎児ドップラーは毎日の使用に安全ですか?

医療専門家によると、胎児ドップラーは妊娠初期に毎日使用すべきではありません。これは、安全性や危険性がまだ証明されていない超音波と同様の技術を使用しているという事実に基づいています。したがって、安全のために、毎日の胎児ドップラーの使用を最小限に抑えることが重要です。

いつ自宅の胎児心臓モニタリングを開始する必要がありますか?

妊娠は異なり、私たちの体も異なります。妊娠中の母親の中には、早くも8週目に赤ちゃんの心拍を聞くことができる人もいれば、最大14週間待たなければならない人もいます。したがって、専門家は約12週間で胎児心拍数ドップラーの使用を開始することをお勧めします。